シンボルツリーの手入れ

 

こんにちは。小俣造園の小俣聖です。季節もすっかり秋めいてきましたね。この時期から年末にかけては毎年個人のお客様の庭木の手入れで忙しくなる時期です。樹木の成長もストップするこの時期に手入れをすると来年の春までお庭を綺麗な状態に保つこともできますし、尚且つ落ち葉の掃除も最小限にできますからね。ただ成長がストップする故に適度な手入れの仕方をとらないと、植木に多大なダメージを与えかねませんので注意が必要です。

 

 

モチノキ 手入れ後
モチノキ 手入れ後

 

さて、今回は少し私の個人的なお話になります。先日伺ったお客様のシンボルツリーの手入れを親方から任せてもらったのです。シンボルツリーとは名前の通り、そのお宅で一際目を惹くような植木のことで日本庭園で古くからある「門かぶり」もその一種と言えるでしょう。写真はその手入れが終わったときのもので、昔からこちらにあるモチノキの仕立物です。

 

 

写真には収まっていませんが、こちらのお宅は地元のJR沿線にあり、道路にも面しています。また高さも7m近い大きさでその存在感が多くの人の目につく植木です。以前は親方や先輩が担当していたものを任されたので、私も身が引き締まる思いでした。親方も常々「小俣造園の看板を背負っているからには」と言いながら手入れをしていましたので、今回任されたことでその片棒を少し担げるようなったと認められたということでしょうか。父親と言えども自分の手入れを人に認めて貰えるようになったというものは嬉しいことですね。

 

このモチノキは刈込鋏での手入れですが、葉を切らずにそのままの形で残したかったので枝だけに鋏が入るようにしてあります。冒頭にお話ししたように、これからの季節は樹木の生長がストップするため葉ごと切ってしまうと葉が白く変色して青々とした見た目が損なわれてしまうからです。寒中の季節になるとそれが顕著に表れます。葉ごと刈込む方法だと手入れの直後は綺麗だけどしばらくすると葉が枯れ落ちて寒々しい見た目となってしまうということがよくあります。このあたりはマニアックすぎて同業の方ぐらいしかわからないことなのですが、「へぇ~そうなんだ」くらい知っていただけると嬉しいです。

 

それでは失礼します。次回の更新もお楽しみに!

 

小俣